「自分の機嫌は自分で取る」ということ~最強の1曲を探せ!

こんにちは、手品店長です。

これを書いている現在、外は雨が降っています。結構な大雨です。それなのに、私はこれから仕事に行かなければなりません。会社に爆弾落ちねーかな…という気持ち、とてもよくわかります。

そうは言っても働かなければ生き残れない。そういう時、人はどうやって自分の機嫌を取れば良いのでしょうか。
私が普段使っている方法をいくつかシェアします。参考になれば幸いです。

目次

自分の機嫌を自分で取れない人

  • いつも不機嫌で言葉もキツく、人に強く当たる人
  • 口を開けば愚痴、不満、人の悪口の人
  • 他人をいじる、下げることで笑いを取ろうとする人
  • いつまでも過去のことを引きずり、前を向けない人
  • まだ起きてもいない未来のことを不安がり、一歩踏み出せない人

今ドキッとした方、自分の思考と言葉には気を付けましょう。酷な話ですが、こういう人は嫌われます。話していても楽しくないし、こちらの気が滅入るからです。

いつも笑顔で、落ち着いた気分でいられれば最高です。しかしそうはいきません。
偉そうに記事を書いている私ですら落ち込むことはあるし、怒りを覚えたり、不快な気持ちになることはあります。

それでも気分を上げて、前を向きます。自分の機嫌は自分で取れるし、自分の言葉で人に良い影響を与えたいと思っているからです。そういう力が私にはあるし、私にはそれができると信じているからです。

自分の思考が良いか悪いかは感情が教えてくれる

今自分が考えていることは果たして良いことか?悪いことか?
言い換えれば、「自分に良い影響を与える思考か、そうでないか」ということですが、どうやって判断するのでしょう。

答えは「感情に聞く」です。

良い思考をしていれば気分は良いし、良い思考をしているときに気分が悪くなることはない

「宝くじが当たったらなぁ」と考える人は多いでしょう。車を買って、ローンを払って、旅行に行って、欲しいものを買って…楽しいですよね。これは良い思考です。楽しい気分になれるし、夢があります。

しかしそのあとには現実が待っています。「でも実際には当たってないし、お金がない」と思考するからです。
これは気分の悪くなる思考で、自分に悪影響を与えます。

「宝くじが当たったらなぁ」と、「でも実際には当たってない」は別の思考です。地続きですが、明確にスイッチが切り替わるポイントがあります。

「でも」
英語で言うと「but」ですが、これには注意しましょう。「でも」には視点をひっくり返す強烈なパワーがあります。

できるだけいつも良い気分になることを考える

これができれば世の中にメンヘラは存在しないと思いますが、いくつかコツがあります。

物理的に上を向く

気分が落ち込むときは下を向いて、伏し目がちになっていることが多いです。背筋を伸ばして、顔を上げましょう。あごは少し上向きに、できればオデコも出しましょう。短時間ですが即効性があります。

ないものよりあるものを数える

お金がないとか、自分のスマホが型落ちだとか、不足しているものを数えると気分が滅入ります。
それよりもあるものを数えましょう。仕事がある、毎月給料が入ってくる、大切な家族がいる…

物質的に充実している事と気分は無関係です。お金がなくても幸せな人はいるし、ようは考え方の問題です。
雨の日には雨の日の楽しみ方を考えましょう。「この間買った新しい傘を使える」とかどうでしょうか。

アファメーションをする

アファメーションとは「理想の自分になるための自己宣言」のことです。
例えば、「私はいつも良い気分で、周囲に良い影響を与えます」などの文章を作ります。

それを声に出して唱えます。オススメは朝起きたときと寝る前ですが、気分が落ち込んできたときや、気持ちを切り替えたいときに唱えるのも有効です。

いくつか例文を出しておきます。自由に作ってください。この作業も楽しいものです。

  • 私は理想の仕事に就き、3倍の収入を得ている
  • 私はいつも良い気分で、心身ともに完全な健康体である
  • 私は理想の人と出会い、幸せな家庭を築いている

今の現実がどうであるかは関係なく、自分で自分に「私はこうなる」という宣言をします。バカバカしく感じるかもしれませんが、自分で発音した声を耳で拾って、頭で鳴らす効果はバカにできません。是非やってみてください。

それでもダメなときは音楽の力を借りる

音楽の持つ力について、疑いのある人はいないでしょう。どんな人も音楽に救われた経験があると思います。

昔、彼氏と別れたばかりの同級生に電話をかけたら、待ち歌(年がバレる)が西野カナの「会いたくて会いたくて」だったことがあります。いたたまれなくなって電話を切りました。きっと今も震えています。

曲の選び方

できるだけアップテンポで、力強い歌声のものにしましょう。歌詞は何でも良いと思いますが、悲しい歌はやめましょう。
オススメをいくつか挙げておきます。

SPEED/Wake Me Up!

ラズベリーのパンってどこで売ってるんだろう…ってずっと思っているのですが、見たことのある方はいらっしゃいますか。
この次にWhite Love、my graduationが来てしまうので影が薄いのですが、朝一番に聴きたい曲です。

森崎ウィン/俺こそオンリーワン

ナンバーワンにならなくても良いという歌がある一方、こちらは最初から俺こそオンリーワンと決めつけた歌です。
すがすがしいまでのバカバカしさと、「自分ならできる」と思わせてくれる勢いが好きです。

Fatboy Slim/Because We Can

M-1グランプリの出囃子です。DVD版やアーカイブでは聴くことができず、生放送を観るしかないので実は貴重。
4分間に全てを懸ける漫才師たちの心を震わせ、勇気づけてきたことでしょう。直訳で「俺たちにはできる」です。

最後に

自分の機嫌を自分で取れるようになると、人に振り回されることがなくなります。
どんな態度を取られても、どんな言葉をかけられても、それによって受ける影響は自分で選べるからです。

どんな人もあなたを傷つけることはできません。誰かの態度に傷ついたとしたら、それはあなたが傷つくことを選んだのです。あなたが許可しない限り、誰もあなたを傷つけません。

人に振り回されなくなれば、自分の軸が定まります。思考と行動に一貫性が出てきて、揺れない精神が手に入ります。
「自分の機嫌は自分で取る」少しずつ意識してみてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

相談受付中

「一人で悩んでいる」 「辛い気持ちを誰にも相談できない」 「孤独が辛い」 そんな時は、相談アプリメンヘラせんぱいや、Xからご相談ください。夜21時~オンラインです。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元メンヘラでリストカッターとクスリブレンダー。現在は全てを克服し、かつての自分を救う活動を始める。
悩み相談アプリ「メンヘラせんぱい」でも活動中。毎日夜に開放してます。

コメント

コメントする

目次