秘密結社リトルダンサーについて

沿革

2023年1月30日
社長が思い付きでブログ「主婦登販」を開設。特に収益には繋がらず赤字を垂れ流すので徐々にモチベーションを失う。

2023年12月31日
12年ぶりに3人揃った勢いでベロベロに酔っ払い、社長の「お前ら仕事辞めろ」の一言で二人の人生を掌握する。

2024年3月19日
運転中の社長に

「【貧困・不登校・失恋・ブラック企業・うつ・自傷・自殺未遂 全てを乗り越えて生きる】がキーワードのブログを作りなさい…」

と何かが降りてくる。帰宅後すぐに【強く生きる魔法】開設。

2024年3月30日

「強く生きる魔法の運営母体を【秘密結社リトルダンサー】にしなさい…」

と何かが降りてくる。
「あなたの隣に、おせっかいなやつら」をコンセプトに、手品店長、よっちゃん、ミフネの3人で勝手に結成。

社名の由来

この世で最も素晴らしい楽曲であり全人類必聴の1曲「SPEED/リトルダンサー」より拝借。社員はリトルでもダンサーでもなんでもない。

リトルダンサーは社歌として採用され、社員は毎朝これを歌って踊ることを義務付けられている。

業務内容

ブログ「強く生きる魔法」の運営と記事執筆、架空のオフィスと架空の塾、架空のカフェ運営など。

人生再生の手助けと、強く生きるためのマインドや行動を教えることをメインに、生きにくい現代を生きやすくするための活動を展開。その他悩み相談や子供の駆け込み寺など。

夢はでっかく、架空のオフィスと架空の塾、架空のカフェを現実化すること。

社員紹介

元々は高校の同級生。ミフネと手品店長は保育園も一緒。3人とも20キロ以上離れた高校まで自転車で通い、家の方向も同じというミラクルで引き合う。

気づいたら3人一緒にいたため何がキッカケで仲良くなったか誰も思い出せない。でもそれで良いし、10年以上会わなくても何も困らない。お互いがお互いしか友達がいないと強く認識している。

手品店長

秘密結社リトルダンサー社長兼、強く生きる魔法管理人。
全ての中心人物にして元凶。高校時代は「お前ら文化祭実行委員やるぞ」の一言で2人を巻き込み、自分は委員長までやる。

主に記事の執筆や方向性の決定など、運営にかかわる一切を引き受ける。基本的に言い出しっぺで目立つことと喋ることが好き。暇な時は子供たちに手品やヨーヨーを教えたり、クワガタの世話を手伝わせたりする。

よっちゃん

秘密結社リトルダンサー取締役兼塾長。教員免許を持っている。
3人の中で唯一の大卒で独身。卒業論文は「萌えキャラを目にした時の幸せな感情と性欲について」

趣味はゲームとアニメと漫画。リトルダンサーではオフィスに入居している塾の塾長を務める。講義の内容はエロゲ・ギャルゲ攻略と社会科。たぶん二次元と結婚する。

ミフネ

秘密結社リトルダンサー取締役兼生き物係。
高校卒業後とび職になり屋根から落ちたり、なんやかんやあって木こりになるなど職歴の色彩が豊か。唯一の子持ち。

色々な仕事をしながら錦鯉の繁殖と販売に目覚め、敷地内の池やカフェで飼育している。社長やよっちゃんのコーヒーを淹れるのと、魚のエサやりがメイン業務。趣味も釣り。たぶん前世は魚。