プロフィール

「強く生きる魔法」について

「強く生きる魔法」では、様々な困難を抱えた状況から復活し、自分らしく思い通りの人生を生きるためのテキストを発信しています。

筆者自身の実体験をベースに、様々な媒体から収集した知識や経験を組合せながら、誰にでも使えるような考え方やテクニックを紹介しています。

筆者について

HN:手品店長
趣味:手品、読書、宴会芸
好きな音楽:SPEED、神田沙也加、RYTHEM

1991年、母子家庭に生まれ極貧の幼少期を過ごす。

  • 月に一度水光熱のどれかが止まる
  • 電気代が止まると毎回知らない男が払いに来る
  • クラスに生活保護がバレる
  • 中1のころボロアパートの上階が火事を出し一時的に公民館に移り住む
  • ボロアパートにバスタブがなく風呂が3日に一度銭湯(後に謎の男がバスタブを買ってくれる)

などのエピソードが少年時代を彩る。

中学時代に些細なことから不登校になり、そのまま県下最底辺レベルの定時制高校に進学。それまでとは打って変わって充実した日々を過ごすも、些細なことで初めてのリストカットを覚える。

高校卒業後、推薦をもらえたので大学に進学するも大学が合わず、オマケに母親が働かなくなったため1年で退学。
働かざるを得なくなりブラック企業に飛び込む。

激務と失恋が重なりメンヘラ化。精神科デビューを果たすも当然処方どおりに飲まない。あちこちの病院に通ってはクスリ集めとオリジナルブレンドの開発にハマる。

  • 目が覚めると部屋が血だらけ
  • 目が覚めると知らない文章がブログにアップされている
  • 目が覚めると色んな人にメールや電話をしまくっている履歴を発見する
  • 目が覚めるとカラになったクスリのシートが何枚もある
  • 目が覚めると年が明けている

などのエピソードがメンヘラ期を装飾し、坂道を転がり落ちるかのように悪化する。

自殺未遂で救急車に乗ること4回、その内1回は自傷で3回はOD。病院で目を覚まし、「これだけやって死なないなら生きるか…」と消極的に前を向く。このころ21歳。

地獄の断薬とリハビリを経て何とか社会復帰。現在は結婚し、会社員として働きながら「かつての自分と同じ人」を救うための活動を始める。