その傷は癒える

秘密結社リトルダンサーは、寄付を通じてグッドごはんを応援しています。

先日、職場で。

手品店長

なんか目、腫れてないですか?

落ち込んでいる人

ちょっ色々

手品店長

良い!良い!!今言わなくて良い!ごめん変な事聞いて!俺が悪かった!!

人目もあり、その場ではそれ以上話しませんでした。


その日の夜…

Oh…

私は正直、やらかした!と思いました。恋愛なんて犯罪・宗教・政治と並んで触れてはいけないネタです。
幸いなことに、もう吹っ切れたそうなのでこの話はこれ以上突っ込みませんでした。

ここまでが前振りです。こんにちは、手品店長です。

目次

人は回復するようにできている

ケガをしたら、絆創膏を貼ります。

絆創膏の下でカサブタができて、傷がふさがって、やがて新しい皮膚に生まれ変わります。
体の傷は、人間が元々持っている自然治癒力によって治ります。であれば、心の傷も治るようにできているはずです。

これを読んでいるあなたはきっと、何かしらの心の傷を抱えています。それを隠しながら、できるだけ悟られないように生きていることと思います。

例えば職場では無難に、普通に過ごす。学校ではできるだけ浮かないように、悪目立ちしないように。
本当は辛くて逃げ出したいし、誰かに話を聞いてほしいし、抱きしめてほしいけど、それをグッと堪えて生きています。

色々な気持ちが浮かんでは消え、そのたびに頭や心がザワザワしていることでしょう。自分の感情がわからず、衝動的な行動に走ったり、本来の自分とはかけ離れた言動や思考をしてしまうこともあります。

自分で自分を制御できないほどの傷、今は辛く苦しいと思います。
私にもそういう時期がありましたので、とてもよくわかります。

どんなに辛くても、その傷は癒えます。必ず癒えます。

それは人間が本来持っている力です。傷を癒し、前を向いて生きる力を、あなたはもともと持っています。

その傷は癒える

人間関係、勉強や仕事、恋愛や家庭環境に至るまで、人は色々な悩みと傷を抱えています。
その内容は千差万別、傷の大きさや深さも人によって違うので、みんなに効くメソッドというのはありません。

しかし、共通していることが一つだけあります。

その傷は癒えます。

どんなに時間がかかっても、その傷は癒えるし、生きていけます。「そんなことあったなぁ」と笑える日がやってきます。必ずやってきます。

  • 失恋
  • パワハラ
  • ノリを勘違いした友達の失言
  • 家族に言われた言葉
  • 人前で恥をかいた経験
  • ペットロス
  • ゲームのカード落としちゃったetc…

全て、その傷は癒えます。

どうやって傷を癒していくか

時間に任せる

関西圏の方言で「日にち薬」というのがあります。どんな悲しみも時間が経てば薄れていくことを表した言葉ですが、天才的だと思います。

私が病んだ決定的な原因は、失恋とブラック企業でした。

当時は地獄のような気分を味わいましたが、十数年経った今では笑い話。私が強くなったのではありません。ただ単に時間が経っただけのことです。

辛いことも楽しいことも、「昔こんなことあってさぁ…」と笑い話にできるのは、大人の特権です。

そして、「昔のこと」は基本的にどうにもなりません。ですから、どうにもならないことに傷ついたり、悲しみ続けるのは自分のために良くないということが、年齢を重ねるとわかってきます。

身もふたもないことを言うなら、私はこの日にち薬が、どんな傷にも効く最強の一手だと思っています。

自分と向き合う

例えば、親に言われてトラウマになったり、傷ついた言葉があるとします。誰しも1つや2つあることでしょう。
私の場合は「産んで損した」でした。テメーが産んだくせに損したはねーだろ宝くじか私は(# ゚Д゚)と思いました。

さて、どんな言葉を受けて、どんな気持ちになったのか。これはあなたにしかわかりません。なぜなら人は自分の吐いた言葉ほど覚えていないからです。

ですから、複雑に絡み合ったグチャグチャな感情を、一つずつ解きほぐしていきましょう。紙とペンを用意するか、面倒ならスマホのメモ機能を使いましょう。

誰にどんなことを言われて、それについてどう思ったか。できるだけ事細かに思い出しながら書きましょう。
それから、これから自分はどうしたいか?どうするのか?を書き出しましょう。

このブログではたびたび「書く」ことの有効性をお話しています。

自分の感情がわからない時は、自分に聞くのが一番です。

何が一番辛くて、何が一番不快で、それに対してどう思ったのか。その上で、自分はこれからどうしていきたいのか?
それはあなたにしかわからないからです。

誰にも見せませんから、好き放題書き散らしてOK。ひどいことも汚い言葉も書いてしまいましょう。それもあなたの一部です。

忘れる

これはゲームの画面(やったことない)ですが、とても良い言葉だと思います。

どんなに辛い言葉や思い出も、なかったことにはできません。起きた事実は変わらないし、その時辛かった気持ちは本物で、それは誰にも否定できないからです。

だとすると、わざわざ思い出したり語り継いだりせずに、忘れるのが手っ取り早い。起きた事実は変わらないけど、気持ちの上でなかったことにしましょう。

酷いことを言われて辛い気持ちになったかもしれないけれど、相手を責めない。その代わり、関わらないようにする。
こちらから連絡は取らない。相手から来ても返さない。自分の人生において、相手の存在をなかったことにする。

私は自分に都合の悪いことは全て忘れるようにしています。他人がどう思うかはわかりませんが、私の精神衛生はとても良く、ストレスフリーです。

揉めた相手や合わなかった人、過去の自分のやらかしや失言、色々なことがありました。これからもたくさん失敗し、人に迷惑をかけることもあるでしょう。

その一つ一つを全部覚えていては、罪悪感で押しつぶされてしまいます。だから私は、自分に都合の悪いことは全て忘れます。

最後に

「過去はどうにもならない」

腹の立つことに、これは真実です。今のところどんな科学もこれを覆すことはできていません。
カエサルはルビコン川を渡ったし、織田信長は本能寺で討たれ、私はみゆきちゃん(仮名)にフラれました。

しかし、私はタヒの淵から甦ったことで、一つの気づきを得ました。

人生は辛い、だけど意外と悪くない。

時には自分の傷を撫でて、甘やかしてあげることも大切です。でも、その傷は過去です。過去はどうにもなりませんから、治して次のステージに進むほかありません。

そのための力があなたにも眠っていることを、今一度思い出してほしいと思います。
今は辛いし苦しいでしょう。それでもあなたには傷を癒す力があります。前を向く力があります。

辛いときは我々リトルダンサーに連絡を。いつでもお待ちしています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事があなたの人生の一助になることを願います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

あなたも誰かの、おせっかいなやつらに
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた社員

秘密結社リトルダンサー社長で強く生きる魔法管理人。
元メンヘラでリス〇カッター。現在は全てを克服し、かつての自分と同じ人を救う活動をしています。
各種SNS、お問い合わせフォーム、コメント欄より相談受付中。

コメント

コメントする

目次